プログラミングで暮らしをハック
ITで暮らしを便利にするブログ
Web制作のノウハウ

JQueryの導入方法

「jQueryってのが便利らしいぞ!」

ってことで、、jQueryを導入するために必要なことをご説明していきます。

 

これを読めば、あなたのプログラムにjQueryを導入することができるようになります!

 

 

jQueryを導入するために必要なこと

jQueryを使うには、HTMLにjQueryを読み込ませるためのコードを設置する必要があります。

 

bodyタグの最下部に、以下のコードを記述しましょう。

<script src="https://code.jquery.com/jquery-3.5.1.min.js"></script>

 

 

 

jQueryのプログラムは、jsファイルに書く!

jQueryのプログラムは「jsファイル」(.js)に書き込みます!

 

お好きな名前で「.js」ファイルを作って、、、

その中にJQueryのプログラムを書いていけばOKです。

 

サンプルとして「JSONファイルを読み込む」コードをご紹介しておきます。

$.getJSON("name_trans.json", (data) => {
alert(data.ja)
});

 

これで、name_trans.json というファイルを取り込むことができます。

 

 

 

まとめ

Web制作で「jQueryを導入する方法」をご紹介しました。

jQueryを導入するためには、、、

  1. HTMLのbodyタグにリンクを貼る。
  2. .jsファイルにjQueryのプログラムを記述する。

 

この2点でOKです!!

おつかれさまでした!

記事を読んでくださりありがとうございました。

当サイトは「好きなんだから、日曜エンジニアでもいいじゃない」をテーマにしたエンジニアの交流サイトです。

非IT企業の私ですが、Webが好きで「ITエンジニアと繋がりたい」という思いからブログをはじめました。

この記事が参考になった、おもしろかったという方は、広告をクリックしていただけると励みになります。

これからもよろしくお願い致します。