Mac、iPhoneを使いこなす

MacBookのバッテリー節約方法

「MacBookでバッテリーを節約する設定」をご紹介します。

 

MacBookのバッテリーを節約する5つの設定

MacBookのバッテリーを節約するためにやるべき5つの設定です。

  1. 省エネルギー設定
  2. ディスプレイの明るさ
  3. キーボード
  4. アクセシビリティ
  5. スクリーンセーバー

 

 

①省エネルギー設定

・無操作時は、ディスプレイがすぐにオフになるようにしましょう。

・バッテリー使用時は、画面の明るさを暗くしましょう。

システム環境設定→省エネルギー→バッテリー

  • 「ディスプレイをオフにするまでの時間」を1分にする。
  • バッテリー電源使用時はディスプレイを少し暗くする。

 

②ディスプレイの明るさ

システム環境設定→ディスプレイ

  • 輝度(きど)見づらくない程度に下げる。
  • 「輝度を自動調節」をオフ。

 

③キーボード

キーボードを明るくする照明を切ります。

システム環境設定→キーボード

  • 「環境光がない場合にキーボードの輝度調整」をオフ。
  • F5キーを押して、輝度をゼロにします。

 

④アクセシビリティ

システム環境設定→アクセシビリティ→ディスプレイタブ

  • 「視差効果を減らす」をオン
  • 「透明度を下げる」をオン

 

⑤スクリーンセーバー

スクリーンセーバーは、バッテリーを食うので表示しないようにします。

システム環境設定→デスクトップとスクリーンセーバ→スクリーンセーバタブ

  • 「開始までの時間」を開始しないに設定。

 

番外編

使っていないソフトでも、バックで起動しているだけで電池は消費してしまいます。

使っていないソフトは、終了させておくとバッテリーの節約になります。

 

ワンタッチでソフトを一斉に終了させるアプリが便利です。

Apple Storeから「qall」を検索してみましょう。