ブログ運営の基礎

ミニサイトの作り方・手順をご紹介【初心者向け】

ミニサイトを作ってみたい人

「ミニサイトを作ってみたいけど、効率的な作り方や手順、おすすめがあれば知りたい。」

 

という疑問に答えます。

 

 

本記事の内容

  • ミニサイトとは【メリットとデメリット】
  • ミニサイトの作り方【手順】
  • ミニサイト作りの参考記事

 

この記事を書いている私は「ウラジオストク個人旅行ガイド」というミニサイトを立ち上げた経験があります。ウラジオストクの魅力を発信したい、共有したいと思い、ウラジオストク旅行の情報をまとめたサイトを作りました。

本記事では、ミニサイトの作り方、手順を紹介しつつ、作ってみた感想、メリットやデメリットをご紹介します。

「ミニサイトを作ってみたい」って方の参考になれば幸いです。ぜひご覧ください。

 

 

ミニサイトとは【メリットとデメリット】

ミニサイトとは「ブログとサイトのいいとこ取りをしたもの」という認識でOKです。サイトよりもコンパクトに、ニッチな内容でOK。といった感じです。また、ブログは日々更新していくものですが、ミニサイトは全部仕上げてから公開して、公開後は放置でOKスタイルです。

 

構成は2本柱にします。まず、

  1. 事実を記した「情報コンテンツ」の記事。
  2. 発信者の「感想コンテンツ」の記事。

です。

 

例えば、旅行情報のミニサイトなら「チケットの予約方法」や「観光スポット」は「事実情報コンテンツ」です。一方で「おいしいお店」や「おすすめのお土産」といった記事は、発信者の「感想コンテンツ」に分けられます。このように「事実」と「感想」を分けてサイトを作るとわかりやすいサイトになるのでおすすめです。

 

参考までに、当ウラジオストク個人旅行ガイドで説明すると、画面左側は「事実情報コンテンツ」です。右側のサイドバーに管理人旅行記という「感想コンテンツ」を配置する形になっています。

 

情報だけ書いてあるブログでは味気ないので、プラスアルファで運営者の感想をコンテンツにしましょう。サイトの配置に気をつけて区別することでわかりやすいミニサイトが作れます。

 

それでは、ミニサイトの具体的な作り方、設定周りをご紹介していきます。

ミニサイトの作り方【手順】

ドメインやサーバー、WordPressのテーマ、プラグインなど設定に関してまとめましたのでご覧下さい。

ドメインとサーバーの設定をする

ドメインはお名前.com、サーバーはエックスサーバーでの取得がおすすめです。使っている人が多く、それぞれ老舗の会社が運営しているので安心です。

詳細は公式ページをご確認ください。

 

・お名前.comでドメインを取得する。

・エックスサーバーで「ドメインを追加する」

  1. サーバーパネル
  2. ドメイン設定「ドメイン設定追加」タブ
  3. ドメイン名を入力
  4. 確認画面へ進む
  5. 追加する

 

・エックスサーバーでワードプレスをインストールします。

※設定対象ドメインが合っているか注意しましょう。

  1. ワードプレス簡単インストール
  2. ワードプレスインストール
  3. ブログ名(あとで変えられる)、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力
  4. 確認画面へ進む
  5. インストールする

しばらくするとアクセスできるようになります。

 

②ワードプレスの初期設定

・「一般設定」よりssl化します(アドレスにsを追加しましょう)

・「パーマリンク設定」を「投稿名」にしましょう。

プラグインを入れましょう。おすすめを後で紹介します。

 

③テーマ

ウラジオストク個人旅行ガイドは無料テーマの「stinger」を使っています。サイトデザインが作りやすかったので選びました。

 

④固定ページの設置

・お問い合わせフォームを作る(プラグインのコンタクト7で簡単に作れます)

・プロフィールを設置する。

 

⑤プラグイン導入

xmlsitemap(サイトマップを送信するためのもの)

broken link checker(リンク切れを自動でチェックしてくれるもの)

contact7(コンタクトフォームを簡単に作れるもの)

 

⑥デザイン

サイトのデザインは、カスタムCSSで編集していくといいです。カスタムCSSなら間違えてもテーマ自体がエラーを起こすこともないので安心です。

CSSを強制的に効かせるimportant!

もし、CSSがうまく効かない時は、強制的に効かせることのできる「important!」を使いましょう。よくわからない人はググってみると、わかりやすい情報がたくさんあるので調べてみてください。

 

 

⑦アナリティクスとサーチコンソールの導入

 

 

⑧記事を書く

記事は短期集中で一気に書くといいです。モチベーションが下がってしまったらせっかくのアイデアも台無しです。ウラジオストク旅行ガイドサイトは全25記事を1ヶ月で作りました。集中できた時は1日5記事くらい書きました。2週間連続で作っていると飽きてきてしまったので、短期集中が大事です。絶対に1ヶ月で終わらせる計画を立てるといいと思います。

 

⑨サムネイルを作る

Canvaというサイトがおすすめです。

・サイズは16:9。

・上下左右の端には文字を入れず、文字はできるだけ真ん中に集めましょう。見切れてしまうことがあるので。

 

 

サイトマップを送信

サイトマップを送信して検索エンジンに見つけてもらえるようにします。

 

 

以上でミニサイト作りの一通りの流れは終わりです。

続いて参考になった記事をご紹介します。

 

ミニサイト作りの参考記事

ミニサイト作りの参考にした記事をご紹介します。一通り見ておくといいと思います。

ミニサイト作り職人和田さんのページ

わかったブログさんの記事

SANGOでミニサイトを作る

ミニサイトで集客

 

 

ミニサイトを作ってみた感想

ミニサイトは、計画を立てて短期集中で作ることが何よりの鍵になると思います。私のウラジオストクガイドは、投稿が全25記事、固定ページ5記事を1ヶ月で作りました。2週間くらいで飽きてきてしまいモチベーションが大変だったので、できれば2週間で作れるといいと思いました。完璧ではなく、まずは完了を目指すことを目標に頑張りましょう。

最後に、ミニサイト作りをはじめる前に読んでおくべきおすすめの本をご紹介します。ミニサイト作り職人の和田さんが書いた「ミニサイトをつくって儲ける法 ほったらかしでも月10万円」です。この本を読んだことで、モチベーションがグッと上がり、ミニサイト作りをすぐに始めることができました。ミニサイトを作ることができたのもこの本のおかげです。はじめてミニサイトを作る人は読んでみることをおすすめします。

エックスサーバー