プログラミングで暮らしをハック
ITで暮らしを便利にするブログ
プログラミングの始め方

【プログラミング基礎】関数とは

プログラミングの「関数って何?」「いまいちよくわからない」って人向けの記事です。

 

関数とは

関数とは「何かを入力すると、何かを返してくれる」ものです。

 

具体例を出して説明します。

 

例①電子レンジ

電子レンジの機能で、関数の説明をします。

 

電子レンジは、

「ごはん」を入れると、「温かいごはん」を返してくれる機能があります。

 

このように、「値を入力すると、値を返してくれるものを関数」といいます。

 

 

 

例②数学の関数

つづいて、数学の関数で説明してます。

中学校で習った「関数」。プログラミングの関数と同じです。

 

y = 2x

という関数は、「xを2倍した値がy」ということです。

「xに値を入力すると、yで返される」ということです。

引数と返り値

関数には「引数」と「返り値」がつきものです。

 

引数とは「入力する値」です。

返り値は「出力される値」です。

 

つまり、

電子レンジに、「入れるごはん」を引数。

電子レンジから「出てくる温かいごはん」が返り値です。