日曜エンジニアのIT道場
ITを学び、DXに備える
    Swift

    【Swift】重複しない3つの乱数を生成するプログラム

    この記事では、Swift言語で「重複しない3つの乱数を生成するプログラム」を紹介します。

     

    プログラムの流れ図

    プログラムの流れ図です。

    プログラムの流れ図

     

     

    サンプルコード

    以下、完成したコードです。

    // 重複しない3つの乱数を生成するプログラム
    
    func randNumbers() -> Set<Int> {
        // 3つの乱数を保存する配列
        var numbers: Set<Int> = []
    
        // 1つの乱数を保存する変数
        var rand: Int
        
        // 配列の要素数が3になるまで乱数の生成を繰り返す
        while numbers.count < 3 {
            rand = Int.random(in: 0...9)   // 0から9の範囲で整数(Int型)乱数を生成
            numbers.insert(rand) // 配列に追加
        }
        
        return numbers
    }

     

     

    重複した値を排除するSet型

    Set型を使えば、重複した値を排除できます。

    Set型は、重複した値を持てない配列(Array)のようなものです。

     

     

    プログラムの説明

    プログラムの内容を順に説明します。

    関数の定義

    Swiftの関数定義はfuncです。戻り値の型も指定します。

    func 関数名() -> 戻り値の型 {
        // 処理
        return 値
    }

     

     

    配列の定義

    空の配列を定義する場合は、var 変数名: 型 = []です。

    var numbers: Set<Int> = []

     

     

    変数の定義

    空の変数を定義する場合は、var 変数名: 型名です。

    var rand: Int

     

     

    繰り返しのwhile文

    繰り返し回数が定まっていない場合はwhile文を使います。