日曜エンジニアのIT道場
ITを学び、DXに備える
    作ったアプリ

    【アプリ作成】Glideでモンハンライズの攻略アプリを作りました。

    モンハンライズ(MHR)の攻略アプリを作ったレポートです。

     

    「あのモンスターの弱点って何だっけ?」
    「持っていくと便利なアイテムって何?」

    を解決する、シンプルなデータベースアプリです。

     

    できたアプリはこちら。

    MHRデータベース

     

    アプリの機能

    • 圧倒的な実用性
    • 「モンスター名」で検索できる。
    • データが見やすい、シンプルなアプリ。
    • 見ていて楽しくなる(画像を使う)

    に気をつけて作りました。

     

    「誰も使わないアプリは作らない!」を心に決めました。

     

    アプリ作成の手順

    Glideでのアプリ作成の流れ。

    1. スプレッドシートに使いたいデータを入力する。
    2. アプリの画面を作りながら、表示させるデータを選ぶ。

    という流れです。

     

    まずは、使うデータの収集が鍵です。

     

    モンスターのデータを用意する

    モンスターのデータを集めたら、スプレッドシートに入力していきます。

    このようなデータベースを作りました。

     

    データベースの作成は手作業なので、少し時間がかかりました。

    マクロが組めれば、楽になりそうです。

     

     

    ImageDownloaderが便利

    アプリには画像も表示させたいので、画像を用意します。

    ImageDownloaderという「画像を一括で保存できるChromeの拡張機能」を使ったら、めっちゃ便利でした。

    サイズで絞込み検索できたり、とにかく便利です。

    「右クリック保存」を何十回と繰り返さなくて済むので、作業の時短に大きく貢献してくれました。ありがとうございました。

    インストールはこちらからどうぞ。

    ImageDownloader

     

     

    実際に使ってもらった

    モンハン好きの友人にアプリを使ってもらいました。

    「シンプルで見やすいアプリを目指している。」と伝え、アドバイスをもらいました。

     

    「このデータは必要無いから、表示しない方が見やすいよ〜」

    とアドバイスがもらえました。

     

    やっぱり、ユーザーに声をもらうことって大事ですね。

     

    Glideの便利なところ

    今回は使いませんでしたが、Glideには以下の機能が実装できます。

    • チャット機能
    • ユーザー自身がデータ投稿

    チャットを導入すれば、コミュニケーションが広がって、コミュニティができていきます。

    ユーザー自身が投稿できる機能を導入すれば、情報の更新が早くなります。

     

     

    短時間で開発できるGlide

    まとめます。

    今回は「できるだけ時間をかけず、コスパのいい開発」を念頭に開発しました。

    Glideは、プログラムを書かずにアプリの開発ができるので、短時間で開発ができる便利なツールでした。

    デメリットと言えば、デザインや機能の自由度が低いことです。

    しかし、開発コストが大幅に下がることはとても大きなメリットです。

    小規模なアプリや個人での使用であれば、まったく問題無い。むしろとても有効的な方法だと思いました。

     

    このブログは、日曜エンジニアの私が、生活を楽しくするためのアプリを作り、作ったアプリを紹介するレポートブログです。

    この記事がおもしろいと思ってくれた方は、広告をクリックしてくれると励みになります。ぜひよろしくお願いします。