Webサイト制作

    Ruby On Railsでできる物|実際に作ったタスク管理アプリを紹介

    今回は「プログラミングのプの字も無かった僕が、Ruby On Rails1ヶ月勉強してできた成果物」をご紹介したいと思います。

     

    Ruby On Railsできるものって何?

    プログラミングで何ができるの?

    という人に向けた記事です。

     

    プログラミング初心者にぜひ知ってもらいたい内容です。

    Ruby On RailsでできるものはWebページ!?

    Ruby On Rails1ヶ月勉強してできたものはWebページ」です。

    「え?Webページ?プログラミングってゲームとかアプリとかが作れるんじゃないの」って思いますよね?僕は思いましたよ。

     

    ただし、Ruby On Railsで作ったWebページはちょっと違うんです。

    例えば、あたなが今見ているこのブログサイトは「誰が、いつ見ても表示内容が変わることはありません」ところが、僕がRuby On Railsで作ったWebページは「表示される文字を変化させることができるWebサイト」なのです。

     

    その名も

    Webページ上で動くタスク管理アプリ」です。

    そのまんまです笑

     

    タスク管理アプリの仕様

    このタスク管理アプリがどんなものかというと。

    仕様は以下です。

    ・ユーザーは入力フォームでタスクを入力して送信できる

    ・タスクは追加だけでなく、更新、削除もできる

    ・入力されたタスクはトップページに一覧で表示される

    ・タスクはジャンル別に表示させることもできる

    実用的なアプリです。

     

    Ruby On Railsの肝はデータベース(サーバー)と連携できること

    「なぜユーザーが入力したものを表示させることができるのか?」

    答えは…Railsは「データベースと連携できる」からなのです。

     

    データベースと呼ばれる、インターネット上にあるデータの保管庫と連携させることでこのようにWebページを動的に変化させることができるのです。

     

    このように、ユーザーには見えない裏側で処理をしているプログラミング言語を「サーバーサイド言語」といいます。

    逆に、ユーザーの目に見える部分(画面の表示処理)をやっているプログラミング言語を「フロントエンド言語」といいます。

     

    データベースとの関係図

     

    ただ単にWebページを表示させるだけでなく「条件によって表示させるものを変える」ことができるのです。

    プログラミングの世界では、条件によって変えることを「条件分岐」といいます。

    プログラミングでは土台となる考え方です。

    プログラムの多くは「条件分岐」と「繰り返し処理」からできているそうです。

     

    Ruby On Railsでできること

    Ruby On Railsでできることをまとめると、

    ・ユーザーがフォームで入力したデータをWebページに表示できる

    ・フォームで入力したデータは計算することもできる

    ・データは追加、読み込み、更新、削除ができる(CRUD処理という)

    この技術を使えば「掲示板サイト」「電卓アプリ」などを作ることもできます。

    「Twitter」や「食べログ」も「Ruby On Rails」で作られているそうです。

     

    プログラミングを覚えれば個人でも「世の中を便利にするサービスが作れる」のです。

    そう思うと夢がありますね😊

     

    スキルハックスを受講した感想

    今回ご紹介した「タスク管理アプリ」は、動画で学ぶプログラミング学習サービス「スキルハックス」で作ったアプリです。

    スキルハックスは、動画で学習ができるので自分のペースで学習できます。

    もちろん動画をスマホで見ることもできるので、通勤・通学などの隙間時間に学習ができる点がよかったです。

    講師の「迫佑樹さん」が説明する動画は、とても丁寧でわかりやすく、初心者にうってつけの教材です。

     

    講師への質問は無制限にできるのですが、動画の説明がわかりやす過ぎて、質問が出てきませんでした笑

     

    「はじめてプログラミングに触れる人」「まずはプログラミングがどんなものか知りたい」という方におすすめのプログラミングスクールです。

     

    プログラミングを学習する上で大切なこと

    最後に、プログラミングを勉強してみてわかった、効率的な「勉強法」について書いていきたいと思います。

    プログラミング学習で大切なことは「作りたい目標物をしっかりと決めておく」ことです。

    作りたいアプリやWebサイトなどを「絵に書いたり、写真にしたり、完成形を目に見える形でイメージしておくこと」が大切です。

     

    目標がはっきりしていることで、何をすればいいか明確になります。

    すると、完成まで最短ルートでいけます。

    目標が無いと「ダラダラと勉強を続けてしまい」結局何も作れない。となってしまうのです。

    プログラミングは、全てを網羅することは不可能です。

    だから「自分が作りたい物を決める」→「そのために必要な勉強をする」というやり方が一番効率的なのです。

     

    例えば「プラモデル」を作る時だって、はじめに完成形を見て「作ってみたい」という動機からはじめますよね。

     

    プログラミングも同じです。「作りたいものを決める」→「学習する」この順が大事です。

     

    スキルハックスの成果物「タスク管理アプリ」

    最後に、スキルハックスで作ったアプリをご紹介します。

    CRUD処理を使った「タスク管理アプリ」です。

    こちらが実際のページなので、アクセスしてみてください。

    https://taiyo191018-memo.herokuapp.com/

     

    CRUD処理とは

    データの作成、読み込み、更新、削除。

    データを操作するために使う基本的な技術のことです。

    Creat(新規作成)

    Read(読み込み)

    Update(更新)

    Delete(削除)