日曜エンジニアのIT道場
ITを学び、DXに備える
    HTML&CSS

    HTMLに記述できない文字

    HTML文書には「そのままでは記述できない文字」があります。

    それが以下です。

    <小なり記号
    >大なり記号
    &アンド記号
    クウォート記号

     

     

    上に示した記号は、HTMLにおいて特別な意味を持つため、そのままでは記述ができないのです。

     

    このような文字を記述するためには「文字の置き換え」が必要です。

    これを「エスケープする」と言います。

     

    具体的には以下のように書き換えます。

    <&lt;
    >&gt;
    &&amp;
    &quot;

     

    例えば、aタグのhref属性に「&」を使いたい場合、

    <a href="./resource?qt=a&page=1">リンク</a>

    ではなく、

    <a href="./resource?qt=a&amp;=1">リンク</a>

    とする必要があります。