日曜エンジニアのアプリ制作
未経験からのWebプログラミング
その他の制作

MySQLとPHPで画像を表示する方法

画像の表示は、Webアプリ制作に無くてはならない重要な要素です。

そこで今回は、データベースを使って画像を表示する方法(PHP)をまとめてみました。

たくさんの画像を使うアプリは、データベースと連携して画像を表示することで効率がよくなり、管理も楽になります。

 

画像はどこに保存する?

画像は、サーバーに保存しておきます。imagesフォルダのようにわかりやすい名前をつけておきましょう。

 

データベースに画像のパスを保存する

データベースには、画像データを保存するのではなく、画像のパス(文字列)を保存しておきます。

例えば、「images/1.jpg」のような画像の相対パスです。

下の画像のような感じで、テーブルにパス(文字列)を保存しておきます。

 

 

画像の表示

ここまで準備できたら、画像の表示ができます。

流れとしては・・・

  1. PHPでデータベースを参照してパスを呼び出す
  2. HTMLに出力する

という流れになります!サンプルコードで流れを確認しましょう。

 

 

テーブルの1行目の画像を表示するサンプルコード

下のコードは、テーブルの1行目の画像を表示するサンプルです。

<?php
$sql = "SELECT * FROM テーブル名";
$result = $mysqli->query($sql);
$row = $result->fetch_assoc();
$image_path = $row['image_path'];
?>

<img src="<? echo $image_path; ?>">

 

 

まとめ

データベース(MySQL)を使ってPHPで画像を表示する手順は以下です。

  1. サーバーに画像を保存しておく
  2. データベースに画像のパスを保存しておく
  3. PHPでパスを呼び出してHTMLに出力する

画像データとデータベースを分けておくことで、処理が早く、管理も楽です。