プログラミングの学習方法

【初心者歓迎】PHPに入門しませんか?

PHPを使えるようになると、ただのHTMLを一段とパワーアップさせることができる、とっても楽しい言語です。

データベースを組み合わせてtwitterのような投稿型のwebサイトが作れたり、ちょっとした便利機能のあるWebサイトが作れます。

でもPHPはそこまで難しい言語ではありません。

 

基本をおさえて、あとはマネして作ってみる!

そしたら自分で作りたいものを決めてコツコツ作る!

それがPHP習得の近道です。

 

ここでは、書籍を買う前の「基本のキ」を学んでいってください。

 

 

PHPとは

PHPは、HTMLの中にプログラムを書くことができる言語です。

厳密にはちょっと違いますが、そういうイメージをつかんでください。

HTML ・・・ 単に表示するもの。

 

PHP ・・・ 計算や変換など条件に応じて処理して表示できるもの。

 

 

 

PHPファイルの拡張子

PHPファイルの拡張子は.phpです。

通常のWebサイトのファイルは.htmlですが、 「.php」にすることでPHPファイルとして認識されます。

PHPファイルとして認識されると、<?php ?>の中に書かれたプログラムを動作させることができます。

それ以外の部分は、普通のHTMLとして認識されます。

つまり、PHPファイルは「PHPが書けるファイル」ですが、通常のHTMLファイルとなんら変わりありません。

 

プログラムの文末には、セミコロン;を書きます。

 

 

PHPファイルを動かすにはサーバーが必要

PHPファイルは、サーバーにアップロードすることでwebページとして機能します。

通常のHTMLファイルであればアップロードしなくても、自分のブラウザで見ることができますが、PHPファイルは、アップロードしないと動作のブラウザで見ることができません。

MAMPとよばれるPHPの開発環境を構築すれば、サーバーにアップロードしなくても動作確認ができますが、せっかくwebプログラミングを学んでいくのなら自分のサーバーを持ちましょう。

持つと言ってもレンタルサーバーで十分です。

 

レンタルサーバーがあれば、自分で作ったサイトやwebアプリを世界中の誰もが見れるインターネット空間に発信することができます。

ぜひ世界に一つだけあなたのwebサイトを世界に発信してみましょう!

 

ほとんどのレンタルサーバーがPHPに対応していますが、借りる前に確認しましょう。

私が使っているおすすめのレンタルサーバーはエックスサーバーです。

「国内シェアNO.1」の安心できる老舗サーバーです。

10日間無料キャンペーンなど各種キャンペーンを頻繁にやっているので、ぜひ確認してみてください。

レンタルサーバーがあれば、ブログを作ることもできるので、プログラミングだけでなくブログもやりたい人なら一石二鳥ですよ。

 

 

変数

変数は、$マークから始まります。

半角英数字、アンダーバーが使えます。

 

(例)

<?php
$name = "hogehoge";
?>

 

 

 

ブラウザに出力する

ブラウザに表示するには

echo、またはprintを使います

 

(例)

<?php
$name = "hogehoge";
echo $name;
?>

これで、ブラウザに「hogehoge」と表示されます。

 

echoprint はどちらを使ってもOKですが echo が多数派です。

まずは「echo」でOKです。

 

 

HTMLの表示

PHPは、HTMLの中に埋め込むことができます。

(例)

<p class="text"><?php echo $name;?><p>

とすると、HTMLで言う

<p class="text">hogehoge<p>

と同じ内容になります。

 

以下のように書くこともできます。結果はどちらも同じです。

echo <<<HTML
<p class="text">{$name}<p>
HTML;

 

PHPを使うことで、webサイトの内容を動的に変更することができるのです。ユーザー名の表示に使ったりできますね。

 

 

配列

配列を使うとHTMLを短く記述できます。

以下は、配列を使わない場合のHTMLです。

<select name="国">
  <option value="アメリカ">アメリカ</option>
  <option value="中国">中国</option>
  <option value="インド">インド</option>
  <option value="イギリス">イギリス</option>
  <option value="日本">日本</option>
</select>

 

PHPを使うと以下のように書けます。

<select name="国">
  <?php
  $country = array('アメリカ', '中国', 'インド', 'イギリス', '日本');
  // 配列の数だけループする
  foreach($country as $val) {
    echo "<option value=\"{$val}\">{$val}</option>";
  }
  ?>
</select>

 

データを配列で管理することで、国を増やしたい時にも、PHPのプログラムを編集するだけでよくなります。編集作業の効率化ができます。

 

 

PHPの学習方法について

PHPにちょっとでも興味が湧いたらAmazonなどで入門書を買ってみましょう!

きっかけさえ掴めれば楽しく覚えられるようになるものです。

 

作りたいものを作る

とにかく作りたいものを作る!その過程で必要なものを覚えていく!

これがモチベーション維持に最適な方法です。

本の通りにやっても面白くないし、応用できない・・・で終わってしまいます。

 

PHPを使ってHTMLの編集作業を簡略化したり。データベースを使って図鑑サイトを作っても面白いです。とにかく便利なことができるのがPHPです。それがモチベーション維持にもつながります。

少しずつでいいからやってみることがプログラミング学習には必要です。

 

私はPHPに関する本を5冊も買って挑戦しましたが、正直よく分からず途中で読むのをやめてしまいました。

 

そんな時たまたま見つけた、こちらのnoteのマネをしたことがきっかけでPHPにハマりました。

こうなったときはこうしたい! ここは自動化できるかも?とやってるうちに段々プログラミングがわかるようになっていきました。

 

はじめに作ったサイトは「モンハンのランキングサイト」です。

投票機能があるwebサイトです。「どちらに投票したか」というデータをデータベースで管理することで成り立つwebサービスです。

私はモンハンが大好きで「モンハンユーザーの投票サイトがあったらおもしろそうだな」と思ったことがきっかけで、休みの度にwebサイト作りに没頭していきました。

 

 

おすすめの本

本は当たり外れが多いので、本屋に行って「一番読みやすいと思った入門書」を選びましょう。

知識は人それぞれなので、レベルに合ったものがいいです。

 

本選びのポイントとして、ちょっと難しい話題のものはやめておきましょう。

特に、フレームワーク、テンプレートエンジン、PEARはとりあえず必要ありませんので、そのような内容が入っているものは避けましょう。(多少入っている場合は無視で大丈夫です)

無くてもひと通りのものは作れます。

 

そして入門書にプラスしてこちらの本もおすすめです。

「PHP逆引きレシピ 第2版」です。

PHPの機能が網羅された辞書的な本なので、まずはこの本をパラパラと流し読みして「PHPで何ができるのか」を確認しましょう。

覚えようとする学習は挫折につながるので、気になったものから挑戦していくといいと思います。

 

以上です。

 

ぜひPHPで「あなただけのオリジナルwebサイト」を作ってみましょう!

まずは何かをマネすることからはじめましょう!