プログラミングで暮らしをハック
ITで暮らしを便利にするブログ
作ったアプリ紹介

PokeAPIを使ってアプリ作ってみた【初心者向け】

おもしろいAPIを見つけました。

ポケモンのデータが公開されている「PokeAPI」です。

 

PokeAPIを使うと、ポケモンの各種データが取得できます。

名前、ID、タイプ、画像などなど。

 

このAPIを使って「オリジナルアプリを作りたい!」と思い試しに使ってみました。

 

この記事では、Pythonを使った、PokeAPI「データの取得方法」についてご紹介します。

 

日本語の情報が少なくて苦労したので、ぜひ活用してみてください。

 

ポケモンのデータを取得する

データの取得方法をご紹介します。

アクセスするエンドポイントは以下です。

https://pokeapi.co/api/v2/pokemon/{id or name}/

 

idか名前を指定する

pokemon/のあとに、idか名前でポケモンを指定します。

idは、ポケモン図鑑の番号に準じています。

1は、おなじみのフシギダネ。151はミュウですね。

 

 

 

 

日本語名は使えない

nameで指定する時は、英語で指定します。日本語は使えません。

さらには、フシギダネのデータを取るのに「fushigidane」のようなローマ字でもダメです。

フシギダネの英語名「bulbasaur」と指定する必要があります。すべてのポケモンの英語名がわかる強者はいないと思いますので、基本的には、番号を指定してデータの取得をすることが多くなると思います。

ちなみに、ピカチュウは「pikachu」でいけます。

 

 

ピカチュウのデータを取得してみる

「ポケモンと言えばピカチュウ!」ということで、まずはピカチュウのデータを取得してみました。

 

エンドポイント(url)には「/picachu」を入れます。

 

取得したデータは、

  • ID
  • 名前
  • 画像
  • タイプ

です。

 

 

出力結果

というデータが取得できました。

 

PokeAPIは無料で遊べるので、試しにいろいろやってみてください。以下にサンプルコードを載せておきます。参考までにどうぞ。

 

 

サンプルコード

pythonのサンプルコードです。

import requests
url = "https://pokeapi.co/api/v2/pokemon/pikachu/"

r = requests.get(url, timeout=5)
r = r.json()

name = r['name']
id = r['id']
image =r['sprites']['front_default']
types = r['types'][0]['type']['name']

print(id)
print(name)
print(image)
print(types)

 

コードの説明

  • まずは「requests」ライブラリを入れます。APIにアクセスするための道具です。
  • アクセスしたいエンドポイント(URL)を指定します。(今回は「pikachu」)
  • GETリクエストでデータを取得して、変数rに入れます。
  • 取得したデータをjson形式に変えます。
  • 変数rにオブジェクトが出来るので、取得したいデータに添え字を付けて取り出します。
  • printでコンソールに出力できます。

 

参考サイト

APIを扱うためには、JSONファイルの知識が重要です。こちらに参考記事を貼っておきますので読んでみると勉強になります。

JSONの形式を完全理解して読み書きできるようになるための記事

 

 

 

まとめ

ポケモンのアプリを作るために、PokeAPIを使ってPythonでポケモンデータの取得をしてみました。

「公式ドキュメントが英語でわからない」という方もこの記事を参考にいろいろやってみて下さい。

そして、ぜひ、みなさんが作ったPokeAPIアプリを教えてください。

noteにも「ポケモンWeb図鑑を作った」という記事を書きました。サンプルアプリも載せてありますので、興味のある人は、ぜひ読んでみてください。

最後まで記事を読んでくださりありがとうございました。 当ブログは「日曜エンジニアがITで楽しむ」をテーマにしたブログです。非IT企業の私ですが、IT、デジタル、Webが好きで「ITエンジニアと繋がりたい」という思いからはじめた個人ブログです。もしも、この記事が参考になった、おもしろかったという方は、広告をクリックしていただけると励みになります。これからもよろしくお願い致します。