日曜エンジニアのアプリ制作
未経験からのWebプログラミング
その他の制作

PokeAPIの使い方【初心者向け】

こんにちは、個人開発家のマックです\(^o^)/

おもしろいAPIを見つけたのでシェアします。

ポケモンのデータが公開されている「PokeAPI」です。

 

ポケモンのデータが盛りだくさんなので、工夫すれば面白いアプリがいろいろ作れそうです。

そこで今回は、PokeAPIによる「データの取得方法」を初心者向けに解説します。

 

 

PokeAPIとは

PokeAPIとは、かんたんに言うとポケモンのデータを取得することができるデータベースです。

「データベースにアクセスして、データを取り、Webページに表示する」という流れでアプリを作ることができます。

 

 

取得できるデータ例

図鑑番号、名前、属性、画像などを取得できます。

その他にもたくさんのデータが取得できますのでPokeAPIサイトで確認してみてください

 

 

Pythonの環境構築

今回は、Pythonでデータ取得をしました。

Pythonの環境構築が不要でブラウザでプログラミングGoogle Colaboratoryが便利です。

グーグルアカウントがあれば無料で使えます。

詳細こちら

Google Colaboratory(Colab)ならPythonですぐに学べる

 

 

サンプルコード

import requests


url = "https://pokeapi.co/api/v2/pokemon/pikachu/"



r = requests.get(url, timeout=5)

r = r.json()



name  = r['name']

id    = r['id']

image = r['sprites']['front_default']

types = r['types'][0]['type']['name']



print(id)

print(name)

print(image)

print(types)

 

実行するとピカチュウのデータが取得できると思います。

 

コード解説

2行目url = "https://pokeapi.co/api/v2/pokemon/pikachu/"

最後のところが「pikachu」となっています。

この部分にポケモンの名前を入れることでデータが取れます。

 

注意点

名前は、英語の名前のみです。

フシギダネのデータが欲しかったら、英語名の「bulbasaur」を指定する必要があります。

 

idでも指定できる

英語名だけでなく、idを入れてもデータを取ることができます

https://pokeapi.co/api/v2/pokemon/{id or name}/

 

idは、ポケモン図鑑の番号と同じです。

1だったら、おなじみのフシギダネ。151は、伝説のポケモン「ミュウ」です。

 

 

 

 

APIの詳しい説明

APIをもっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事を読んでみてください。

PokeAPIを扱うために必要な「JSON」の知識が身につきます。

JSONの形式を完全理解して読み書きできるようになるための記事

 

 

PokeAPIで作ったアプリ

私がPokeAPIを利用して作ったWebアプリは以下のリンクで公開しています。

よかったら、見ていってください。

「ポケモンWeb図鑑を作った」

 

記事を読んでくださりありがとうございました。

この記事が参考になった、おもしろかったという方は、広告をクリックしていただけると励みになります。

これからもよろしくお願い致します。