Python

PythonのStreamlitで地域別感染者のグラフアプリを作成

Pythonの「Streamlit」というライブラリでWebアプリを作ってみました。

Stremlitは、グラフやデータベースを表示するのに便利なライブラリです。

 

千葉県庁のホームページより「コロナウイルスの居住地別感染者数」のデータを取得し、CSVファイルに加工、Stremlitでグラフを表示してみました。

 

画像1

 

Streamlitとは

Stremlitは、グラフやデータベースを表示するのに便利なライブラリです。

例えば、

  • マウスでグラフをさわると詳細を表示してくれたり
  • データの並べ替えも簡単です

 

 

ソースコード

以下に、今回作成したサンプルコードを貼ります。

import streamlit as st
import pandas as pd

st.title('コロナウイルス千葉県居住地別感染者数')
st.subheader('令和3年2月15日現在')
df = pd.read_csv('0215chiba_corona_data.csv', index_col='市町村')

st.dataframe(df)

st.bar_chart(df)

 

参考サイト

StreamlitでのWebアプリ開発の参考サイトを貼ります。

pythonで簡単なWebアプリ作成:streamlitの使い方

【StreamlitでWebアプリ作成】動的なグラフを表示する

 

 

まとめ

Streamlitは、シンプルなコードで簡単にWebアプリが作れます。

csvを作って、読み込むだけ。とても便利です。

データ系のWebサイトづくりに相性バツグンですね。