プログラミングを始めよう

【プログラミング初心者】アプリって何?

「アプリって何ですか?」っていう質問に答えます。

 

アプリの本質とは

アプリの本質は「データベースの操作」です。

データを追加したり、変更したり、削除したりして、表示するものです。

例えばTwitterアプリは「いつ、誰が、何をつぶやいたか」というデータをまとめて、それを表示しています。

なんかしらのデータを扱うものをアプリといいます。

 

データの保管場所は「サーバー」

Webアプリのデータはどこに保存されるのか?」というと、「サーバー」です。

 

「Ruby」とか「PHP」といったプログラミングは、サーバーサイド言語と呼ばれるのですが、それは「サーバーに保管されたデータの操作に使う言語」だからです。

サーバーサイド言語で「データを扱って」、集めたデータを、HTMLやJavaScriptで表示しているものをWebアプリといいます。

 

初心者にはノーコード「Glide」がおすすめ

「とにかくなんでもいいので簡単なアプリを作ってみたい」という方には、「ノーコード」のGlideというサービスがおすすめです。

「コードを書かなくてもアプリが作れる」ノーコードです。

「グーグルスプレッドシート」という、エクセルのような表計算ソフトをデータベースにしてアプリを作ります。

スプレッドシートなので、馴染みのある人も多いと思うんですが、表形式になっているので「データベース」が見やすくて、直感的にわかりやすいので、簡単にアプリを作ることができます。

 

僕が作ってみたアプリもありますので見てみて下さい。

スプレッドシートでアプリを作る!Glideで買い物リストアプリを作ってみた!

南房総グルメ・観光スポットアプリを作りました!