プログラミング学習方法

【プログラミング初心者】アプリって何?

「アプリとは何か」

 

アプリとは

一言で言えば「データを表示するもの」です。

天気アプリ、Twitter、インスタグラム、LINEなどのように、アプリはデータを表示していることがわかると思います。

 

データは、随時、追加されたり、変更されたり、削除できたり、データの処理が必要です。

例えばTwitterでは「いつ、誰が、何をつぶやいたか」というデータをまとめて、それを表示しています。

このように、なんかしらのデータを扱うものをアプリといいます。

 

 

データの保管場所は「サーバー」

では、このデータはどこに保存されているのでしょうか。

それが「サーバー」とよばれるものです。

 

サーバーにデータを保管したり、サーバーからデータを出したりするために必要なものがプログラミングです。

 

アプリ作りの肝

「アプリを作るのは大変そう」と思う人も多いと思いますが、実はそんなに難しいことはありません。

最初から難しいことをしようとせず、ひとつひとつ進めていけばできるものです。

 

アプリを作るために必要なことは以下の2つです。

  1. データを表示できるようにする。
  2. データを追加、削除、更新できるようにする。

 

①データを表示できるようにする。

画面に、文字や画像を表示できるようにするには、HTMLやCSSという言語が必要です。まずはここから学習しましょう。

 

②データを追加、削除、更新できるようにする。

データベース(サーバー)を使って、データの追加・削除・更新ができるようにするには、PHPやRubyとよばれるサーバーサイド言語が必要です。

 

 

アプリ作り初心者は、ノーコード「Glide」で作ってみよう

「とにかく簡単なアプリを作ってみたい」という方には、ノーコード制作ツールの「Glideがおすすめです。

HTMLやPHP言語でコードを書かなくてもアプリが作れるものです。

 

なぜそのようなことができるのかというと、アプリで使うデータベースに「スプレッドシート」を使うからです。

スプレッドシートは、エクセルのような表計算ソフトです。

これをデータベースにしてアプリが作れるので、馴染みやすく、直感的にアプリが制作できます。

 

僕が作ったアプリのサンプルがありますのでぜひ見てみて下さい。

 

記事を読んでくださりありがとうございました。

この記事が参考になった、おもしろかったという方は、広告をクリックしていただけると励みになります。

これからもよろしくお願い致します。